About CHRISTMAS MARKET

冬の福岡に、世界に冠たるクリスマスマーケットを!

クリスマスマーケットとは、ドイツで誕生し、フランスや北欧などヨーロッパ各地で行われる伝統的なイベントです。クリスマス前の4週間はドイツ語で「アドヴェント(待降節)」と呼ばれ、キリストの降臨を待つこの期間、街の広場はクリスマスのデコレーションで煌めきます。クリスマス関連の小物やグッズ、伝統的なお菓子やホットワインの露店が立ち並び、寒くて長い冬の夜を、暖かく幸せなものに変えてくれる、ヨーロッパの人々にとってなくてはならない冬の風物詩です。

このクリスマスマーケットを、ヨーロッパの空気ごと福岡で楽しんでもらいたい…そんな願いを込めて、2013年にJR博多駅前広場でスタートしました。2015年からは天神・福岡市役所前ふれあい広場でも同時開催。すっかり福岡の街に定着し、新たな冬の風物詩となった「FUKUOKA Christmas Market」は、博多と天神を結び、冬の福岡をハッピーなクリスマスで染め上げます。

本場ドイツさながらの「ヒュッテ」と呼ばれる木の小屋に、ヨーロッパから直輸入した職人手作りのクリスマスグッズ、シュトレインやマンデルといった伝統的なクリスマス菓子、そして毎年コレクションしたくなるオリジナルマグカップで飲めるグリューワイン(ホットワイン)。 博多では、カフェレストランがオープン。天神でも、大きなテントの下で盛り上がれるバルが登場します。両会場とも、音楽ライブにショーなどの、連日連夜、みんなが一つになれるイベントが目白押し。 開催期間中は、一日だって目が離せません。

今年の福岡のクリスマスは、日本中に自慢したくなるような感動で満たされるはず。 街中に広がるイルミネーションの輝きの中、大切な人と「FUKUOKA Christmas Market」をすみずみまで楽しみ尽くしてください!